鉄骨造(S造)の家屋と解体工事のポイント、最新の解体費用事例公開!

鉄骨造(S造)とは?

柱や梁など骨組に鉄骨を使用した構造を指します。
鉄骨造のことをいい、高層建築などに適しているといわれています。
建物の骨組に鉄骨が使用され、主要構造部には鋼板や鋼管などの鋼材が用いられ、
軽量で粘り強いという特徴があります。Sはスチールの略です。
木造の柱がそのまま鉄になったものをイメージするとわかりやすいと思います。
一口に鉄とは言え、人工的に強度を高めたものを使用しているのが特徴です。

ここで注意したいのが、S造の中に重量鉄骨造と軽量鉄骨造の2種類があります。
賃貸物件の建物構造にもこの表記がなされていることが多いです。
鋼材の厚みが6mm以上のものを「重量鉄骨構造」、
6mm未満のものを「軽量鉄骨造」と呼び、
前者は主にビルや高層マンションなど大規模建築物をつくる際に、
後者は「軽量鉄骨造」は一般住宅や小規模店舗などで用いられるケースが多いです。

解体工事のポイント

S造は内装撤去完了後は建物がほぼ鉄のみとなる場合がほとんどです。
そのため、他の建物の形態と比べると比較的スムーズに解体可能といえます。
ただ、まずは解体工事にかかる費用の見積もりをとり、料金を明確にして
依頼をしていただくことが大切です。

無料でお見積もりをお出ししております。
ぜひ、悩まれている方はご連絡ください。

鉄骨造の最新解体費用例!

弊社では各構造に応じた最新の
解体費用例を公開しております。

解体工事に悩まれている方は
ぜひ一度ご覧になってみてください。

解体費用事例④ 倉庫(木造・鉄骨造・RC造)編

 

お問い合わせ