WRC造の家屋とは?

WRC構造とは?

柱と梁を使わず、床や天井の面だけで建物を支える「壁式構造」を指します。

比較的低コスト、かつ耐久性が高いといわれており、
主に中低層マンションなど集合住宅でよく見かけます。

壁や床だけで構成される特性上、大きな開口部をとりづらいため、
設計の自由度は低めのものが多いでしょう。
その一方で柱や梁が室内に出ないので、結果的に室内を広々使えるメリットがあります。

壁の強度が高く遮音性もバッチリな構造と言えます。